Forerunner 920XT

究極のランニングウォッチ

大画面なのに軽く薄い

Garmin Forerunner 920XTの画面は、横約3cm×縦約2cmの四角い大きな画面です。

4分割すると、一度に多くの情報を表示することができ、逆に分割しないと、文字が大きくなり、老眼の方でも判読が容易です。

しかもカラーですので、白黒よりも断然見やすい上に、状態の把握が容易で、かつ、操作ミスが無くなります。

こんなに大画面なのに、重量はわずか61g。しかも、厚さも1.27cmしかなく、普段の時計としてご使用頂いても違和感がありません。また、ベルトがとても柔らかいですので、女性の方でも手首の細い方でも、しっかりと装着することができます。

軽く薄いのにバッテリー長持ち

Garmin Forerunner 920XTは、こんなに薄くて軽いのに、GPS使用状態で24時間 1も動作します。

UltraTracモード 2を使えば40時間 1まで伸ばすことができます。


  1. 動作環境や充電の仕方などにより変動します。また、経年的に劣化します。あくまでも目安の数値で、この時間を保証するものではありません。バッテリー寿命は本体保証の対象外です。
  2. GPSを時々切って動作するモードです。GPSを切っている間は、内蔵する加速度センサーでペースや距離を計測します。

位置の精度がより高く、GPS衛星の信号の受信がより早く

Garmin Forerunner 920XTでは、ロシア版GPSのGLONASSを併用することができ、位置の精度を高めることができます 1

また、Wi-Fi 2経由でGPS衛星の情報をアップデートすることにより、GPS衛星の信号の受信を早めることができます。


  1. バッテリーの消費は大きくなります。
  2. Wi-FiをForerunner 920XTに登録する必要があり、その登録にはパソコンが必要です。

加速度センサー内蔵で、GPS衛星の信号を受信できなくてもOK

Garmin Forerunner 920XTは、加速度センサーを内蔵していますので、GPS衛星の信号が届かないトンネルの中でも、走行距離やペースの計測が可能です 1

また、GPS衛星の信号の受信を待たずに走り始めても、走行距離とペースは、表示・記録することができます。


  1. 一般に、GPSを使用して計測した場合に比べて、精度は劣ります。

VO2 Max.の計測が可能

Garmin Forerunner 920XTには、心拍計をつけて10分以上走ると 1VO2 Max.(最大酸素摂取量)を計測する機能があります。VO2 Max.は、従来は、トレーニング・ラボのような施設でしか測定できないものでしたので、これは画期的な機能と言えます。

さらに、計測したVO2 Max.に基づいて、マラソンなどのレースの予想タイムを算出する機能のおまけ付きです。


  1. より正確に計測するためには、なるべく全力で走り続けることが望ましいです。また、自転車の場合は、心拍計とパワーメーターを使って、ある程度の負荷がかかった状態で、 20分以上走る必要があります。

上下動や接地時間の計測が可能

Garmin Forerunner 920XTは、HRM-Run 1を使用すると、上下動接地時間を計測することができます。ランニングフォームの改善の指標になります。


  1. 加速度センサーを内蔵した心拍計です。体幹に装着することにより、上下動や接地時間を計測することができます。

サイクルコンピューターとして使用可能

Garmin Forerunner 920XTは、サイクルコンピューターとしてもお使い頂けます。

Garmin社のEdgeシリーズとほぼ同等の機能を有し、スピード・ケイデンス・センサーやパワーメータを使って、自転車特有の様々なデータを計測・表示・記録することができます。

スイムウォッチとして使用可能

Garmin Forerunner 920XTは、スイムウォッチとしてもお使い頂けます 1

「Pool Swim」というモードでお使い頂くと、内蔵の加速度センサーで、泳法やストローク数、ターンを検出し、ターンの回数から泳いだ距離を算出します。


  1. スイムウォッチの使用を許可しないプールがあります。これが本商品をお求めになる主な理由の場合は、事前に、普段ご利用のプールにおいてスイムウォッチの使用が可能かどうかをご確認下さい。

トライアスロンのレースに適した動作モード

Garmin Forerunner 920XTには、トライアスロンやデュアスロンのレース、あるいは、そのトレーニング(ブリック)に最適な動作モードがあります。

すなわち、スイム・バイク・ランの各レッグごとに、それぞれに則したデータを表示・記録すると同時に、レース全体のタイムを表示・記録します。各レッグの切り替えはワンボタンで、まったく負担になりません。また、トランジション・タイムも計測することができます。

活動量計として使用可能

Garmin Forerunner 920XTは、活動量計としてもお使い頂けます。

普段もずっと装着することにより、歩数をカウントし、それを元に、日々の総消費カロリーや歩いた距離を算出します。睡眠パターンも計測することができます。

いつでもどこでも手軽にデータ転送

Garmin Forerunner 920XTのデータの管理は、Garmin社の提供するGarmin Connectというサイトで行います 1

Garmin Connectにデータを転送する手段としては、以下の3通りが用意されており、いつでもどこでも手軽にデータ転送をすることができます。


  1. 弊社よりGarmin Forerunnerをお求めの場合は、無料で、弊社サイトでもデータ管理をすることができます。
  2. Wi-FiをForerunner 920XTに登録する作業では、Forerunner 920XTをUSBを介してパソコンに接続する必要があります。
  3. Bluetooth Smart Readyのスマートフォン、タブレットが対象です。ただし、Bluetooth Smart Readyであっても、動作しない機種があります。

スマートウォッチ

Garmin Forerunner 920XTはスマートウォッチです。


  1. 日本語のフォントは表示できません。